グラベルな日々
FC2ブログ

新たなる戦い

景気の低迷により自動車レ-スからの撤退が多いことが
結構気になる今日この頃・・・
通称パリダカから三菱、WRCからはスバル、そしてスズキが撤退と残念な限り

しかし先日、チ-ムGEOLANDARの塙さんが遊びに来られた時の楽しい会話の中で
すごく嬉しい話が聞けました・・・
それは 今、皆さんが車の話題といえばかならず出てくる 電気自動車
EVカ- の話をかなり熱く語ってくれまして 
その会話の内容の一部を抜粋しますとこんな感じでした。。。

 「パイクスピ-ク EVで闘って大丈夫っすか?」   

塙氏 「EV馬鹿にしてるやろ!」

 「実際のとこ。。どうなんです」    ちょっと間をおいてから

塙氏 「かなりの手ごたえ掴んでいるし何より、今までエンジンの音そしてマフラ-の音などで
     かき消されていたタイヤの音や、色んな音を拾う事が出来るようになったよ」

な~るほど・・・・  実はこの後もたくさん話をしてもらったんですが
一回のブログでは到底書ききれないので、又機会があればEVの話書いてみます。

でも時代は変わって行っても、私の大好きなレ-スは無くならないと感じた事は
言っておきます

で、塙さんが今年挑む競技を、皆さんに知ってもらいたいというか
ぜひとも応援してもらいたいので、参考資料を添付させて頂きます

これを読んでみて何か感じてもらえると、ほんと嬉しい限りです

            GEO新たなる戦い
スポンサーサイト




EVとラリーのはなし
高斎正さんが、1989年に「パリ-北京ラリーの華」というフィクション小説を書いています。
ダイハツが開発した「電気自動車」が、パリ-北京ラリーを走る物語で、超伝導蓄電池を積んだアプローズが主役です。
21年経って、超伝導蓄電池はまだにしても、ハイブリッドではなくEVそのものが、このようなレースに実践投入されるようになったわけですねえ。

このEVバギー、搬送しているところを偶然にも見かけています。今思えば、あれがパイクスに繋がっていたとは・・・
NATSでは以前、「極」という名前のEVを実習開発していましたが、このEVのベースになった、いわば“筐体”は、エスクードでした。
2009/07/04/土) 11:44 from:雷蔵|URL|#ZaKE1eB2 ...edit
4X4マガジン今月号にも、モンスタ-田嶋さんと
一緒に記事が出ていましたが、この2人がパイクスに
選んだマシンの違いは凄いものがあります。

一方は、出力885㎰ トルク90.5kgmとまさに
モンスタ-の名に相応しいマシン。

アメリカで、それも独立記念日に行なわれる
このレ-スに日本人の戦いが中心となる・・
これは見逃せませんよv-218
2009/07/05/日) 14:16 from:ぐらべるタロウ|URL|#- ...edit

Post comment

  • 名前:
  • タイトル:
  • メール:
  • URL:

  • パスワード:

  • :管理人者のみに表示を許可します

Trackback

トラックバックURL:
プロフィール

ぐらべるタロウ

Author:ぐらべるタロウ
グラベルな日々へようこそ!
車&バイク大好きで、ひょんな事から4WD
クロカン遊びにどっぷりと浸かってしまい
クラブを立ち上げ、更には4WDトライアル
シリ-ズ戦にも出場し優勝までしてしまった
経験を持つ私が、そこで培った知識や経験を
もとに、現在九州を拠点に4WD/SUVを
ベ-スとした競技やイベントを
仲良しSHOPさんと開催しています!

四駆に興味ある方、どうぞお気軽に
遊びにお越し下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード